鵠沼海岸で活動している一般参加型ビーチバレー大会FOVAでの成績などを載せていきます
by mbvbeach
メイド・イン・カッシーナ展 2009.4.24FRi.-6.7SUN. 森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52F
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
それぞれの空気感
【チームプレー】

今年,ここまでのビーチバレーを象徴する言葉ではないだろうか。

たった2人で競技するこのスポーツは,パートナーを思いやる事から始まると言っても
過言ではない。

一度生じた不信感は,チームを瞬く間に崩壊させていく。

試合中は,まるで葬式の様に静まり返り,義務的なプレーが続けられていく。

『全く噛み合わない』

そう言い残してBeach Volley Japanを終えた選手がいた。

そして彼はこう続ける。

『技術的にそんなに急激に落ちることはないはず。もちろんその逆もない。
 昨年出来ていたことが全然出来ていない。』

ビーチバレーという競技において,いかにパートナーという存在が重要であるかを
如実に語る言葉である。

今年はこんなチームが本当に目立つ。


『よし!がんばろう!!』

一方で,常にパートナーを鼓舞し続け,パートナーの実力を発揮させる
事に長けた選手もいる。

どんなに負けていても,どんなに流れが悪くても,彼は前向きな声を掛け続ける。

そして,いつしかそれはパートナーだけでなく,見ている観客をも優しい空気で包んでいく。

8m x 8m。

広くて狭い空間にたった2人のプレーヤー。

そのチームだけの空気感を味わう事も,ビーチバレーの醍醐味ではないだろうか。
[PR]
by mbvbeach | 2010-08-17 19:41 | ビーチバレー
<< 崩壊 いよいよBeach Volle... >>