鵠沼海岸で活動している一般参加型ビーチバレー大会FOVAでの成績などを載せていきます
by mbvbeach
メイド・イン・カッシーナ展 2009.4.24FRi.-6.7SUN. 森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52F
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
第1回 デフビーチバレー大会in熱海
c0143548_1457241.jpg


2009年 台北で『デフリンピック』が行われます。

デフとは,英語で「耳の聞こえない」という意味で,デフリンピックは
その名の通り,聴覚障害者の為のオリンピックです。

このデフリンピックに,ビーチバレーも日本選手団を送り出す事になり,
その選考を兼ねて,この大会が開かれました。

この記念すべき第1回大会に,普段,我々と練習している
「ナベちゃん/まーくん」組が参加することもあって,
私も運営補助として参加してきました。

男子
A組,B組 : 3チームのリーグ戦
C組 : 4チームのリーグ戦

試合数の関係から,A組1位,B組1位による準決勝を行い,
その勝者とC組1位が決勝戦を行うルール。

「ナベちゃん/まーくん組」はC組。

初戦から動きが固く,普段のプレーが出来ない2人。

ハラハラする場面もありましたが,そこはやはり経験の差。

初戦21-17,2戦目21-15,3戦目21-17の
3戦全勝で決勝戦に進出しました。

迎えた決勝戦,NHKの取材カメラが入る中,2人は力と経験の違いを見せ付ける。

19-15と大きくリード。

が,ここで優勝を意識したのか,途端にイージーミスを連発。

あっという間に追いつかれ,最後は22-23で逆転負け。

信じられない様な逆転負けを喫し,準優勝に終わりました。

しかし,

個人的には,あそこで簡単に優勝しなくて良かったと思っています。

あの負けで悔しいと思うこと,そして,まだまだ練習不足なんだと思うことで
もっともっと成長していくでしょう。

監督に今井さん,コーチに矢野さんと,凄い人達が指導者に
いるわけですから,もっともっと努力して,強くなっていって欲しいと思います。

一方の女子は,普段鵠沼で練習している,『曾本&平井組』が圧倒的な
力の差で勝利しました。

この女子のレベルの高さは本当にビックリ。

1ヶ月くらい前,彼女達と一緒にやった時とは比較にならない程でした。
きっと見えないところで努力してきたんでしょうね。

「練習は嘘をつかない」

常々矢野さんから聞かれる言葉。

本当にその通りだと思いました。

おめでとう!!!


最後に・・・

昨秋,FOVA受付前の突然の雨で,中止か開催か決めかねていた時,
我々がサーフビレッジへ避難すれば,その後を,雨が止んで外に出れば,
石段の上から寂しそうにこちらを見ていた“少年”がいた。

その少年に声を掛けてから,早1年。

彼と知り合った事をきっかけに,聴覚障害の皆さんと交流ができ,
そして,今大会でのこの成績。

ホント上手になったし,良く頑張ったと思います。

「ビーチバレーが好きだ」,「強く,うまくなりたい!」

その気持ちさえ共通ならば,ハンデの有無は関係ない。

それを彼らが証明してくれた様な気がします。

惜しくも負けてしまった参加者も,

「また,鵠沼行った時には一緒にお願いします!」と頼まれ,
「もうビーチバレーにはまっちゃいました!また教えて下さい」と笑顔。

私で出来る事なら何でも教えます。

そして,鵠沼海岸がそんなみんなとの交流の場になれば
とても嬉しく思います。

みんな笑顔で,また鵠沼で会いましょう!!

まー&ナベちゃん,そして,デフビーチのみんな

これからも仲良く頑張りましょうね!!
[PR]
by mbvbeach | 2008-07-15 15:00 | ビーチバレー
<< 決定! 北京へ!! 熱海の夜! >>